diary

第三回きょうと椅子

4月2日~4日、第三回を迎えたきょうと椅子、無事開催されました。

今回の舞台は三条通りに面した京都文化博物館。元日本銀行の洋館ホールに38脚の椅子が並びました。
毎回ながら「隣の田は青く見える」という感じで、他の作家さんの力作に気おされながらも何とか自分の創作を模索し、発表することに必死になります。肩の力を抜いてこういった展示に参加できるような域まで達するにはまだまだ修行が足りません。もっともそう感じているのは僕だけではないようで、切磋琢磨できる貴重なフィールドです。
来場の方々はそういった作家の必死な裏事情はさておいて、思い思いに展示を楽しんで頂けたようで、実行委員として携わった身としては非常にやりがいを感じることが出来ました。
今回会場を撮影いただいたカメラマンさんの画像でその様子を紹介します。

そして当方の今回出品の椅子です。「yama-chair」と名付けました。

近郊産コナラを主材に、今回は座面に鹿皮を用いました。
背もたれ、笠木は曲げ木で形作ることで有機的な曲線を形作り、強度も併せ持ちます。曲げ木はしばしば型通りに曲がらず不確かな形状になる技法ですが、毎回型通りの削り出し加工よりも僕の好む「揺らぎ」を表すことが出来ると感じています。
そして鹿皮ですが、当地京北で害獣駆除の目的で捕れる鹿の皮を利用できないかと考えたのが着想でしたが、椅子の座面ほどの面積を鹿の体長から取ろうとするとよほどの大鹿でないと難しいということが分かり、今回はより寒い地域の体長の大きな鹿の皮を使いました。牛皮と違ったしなやかな質感が魅力です。地域の鹿皮については座面のより小さなスツールでの活用が現実的と思われます。
作り手がものづくりの材料をどこでどう調達するかはそれぞれの立地、考え方でそれぞれの選択がされているのだと思います。地域の材を使う、ということがいつでも最良である、とは僕も考えませんが、自分としては地域に根付き、地域の暮らしや自然に繋がった素材に興味があるし、その中に美しさを見出せるならそれを使ってものづくりしていきたいと考えます。地域に、山に目を向けて、向き合ってものづくりしていく。「yama-chair」というタイトルにはそういったテーマを込め、これからも色んな形で表現していきたいと思います。

カエデのロッキングチェアー

久しぶりにロッキングチェアーを製作しました。

メインとなる脚、もたれ、アームには近郊産イタヤカエデ、ウリハダカエデを、スピンドルには在庫していた目の通ったハードメープルを、とカエデ系材を個体によって適材適所に使用しました。
ロッキングチェアーは修行中、そして独立後ほどなくに製作して以来で、その当時の記憶をたどりながら、またその間に得た技術を盛り込んで取り組みました。より伸びやかに、使うことによって心が躍るような椅子に。ディテールの仕上げにそんな思いを込めました。

小振りの椅子、テーブル

今年もはや年の瀬。
春以降、予想もしなかった状況に見舞われた今年でしたが、なんとか年末を迎えることができました。一人でこなす仕事は相変わらず。米作りも例年通りのマイペースで、変化は比較的少なく過ごせましたが、展示などの機会の取れなかった分、近所の方の要望に応える仕事が多かったように感じます。

そんな仕事の一つ。京北の知り合いの林業家さんより、材料支給でのテーブルと椅子の製作をご依頼いただきました。

ブナ材の中でも、「イヌブナ」と呼ばれる樹種の材だそうです。
「イヌマキ」やら「イヌエンジュ」など、樹種名の頭に「イヌ」が付くのは、材木として見たときに緻密でなく、いわゆる良材と言えない木に付いた呼び名だそうですが、今回のイヌブナはテーブルと椅子製作には不測のない強度がありました。ブナ材のナチュラルな色目を損なわないように白顔料の混じったオイルを塗って仕上げ、椅子は特に調和の取れたものになったと思います。新たな定番として探求していきたいアイテムになりました。

杉の本棚

当工房の仕事場、住まいを兼ねている建物は鉄骨の大きな元工場で、内装に手を加えながらも長らく使いあぐねていたスペースがありました。
この度図書スペースとして開放しようと、本棚をしつらえました。

京北の杉材を使用。
幅5メートル半の壁面一杯のサイズで製作しました。
棚に並ぶ本は、我が家の子どもたちが愛読してきた本のほかに、
地域の方からの寄贈本、廃校になった小学校から譲り受けた本などで、将来的にもっとたくさんの本が集まっても十分な収納力があります。

また、子どもスペース用に独立した棚も製作しました。
こちらも杉材で、今回は幅広の杉材が入手できたので、幅を2枚3枚剥ぎ合わせずに1枚で構成できました。そうすることで木の生命力、杉の木目の美しさを再発見することができました。オイル塗装で木目が濃くなりすぎては主張が強くなり過ぎてしまうので、今回は無塗装で仕上げています。
さりげなくありながら、目を向ければ確かな個性を感じる存在でいてほしいと思います。

図書スペース「ほんのひととき」は、毎週木曜~土曜の朝9時~17時まで開放しています。

生木の木工

今週末6、7日、近隣で行われる野外イベント「ツクル森」内で、椅子づくりのワークショップをします。
ヒノキの未乾燥の間伐材を材料に、機械に頼らず手道具を駆使する「グリーンウッドワーク」のスタイル。



工房の普段のものづくりでは大型の木工機械や手持ちの電動工具を駆使して効率的で均質な仕事できる体勢を取っていますが、グリーンウッドワークはある意味それとは対象的で、古典的な手法です。
かつての欧米での椅子づくりは、職人が道具を背負って山に入り、借り倒した木をその場で造作して脚に加工し、座面の加工、組み立ては流通に便利な街中で行う分業体制が主流でした。
今日では木工と言えば、狂いが少ないようによく乾燥した材を使うのが基本ですので、生木で椅子を作るのは現代のセオリーに反しているようにも見えます。
ですが、乾燥の過程で材にどのような変化が起こるのかを予測しなければならなかったり、手加工での作業の中で、どこでどの方向に刃物を入れれば効率的に加工できるのかを見極めなければならな かったりと、木そのものにより精通する必要がある点で現代の木工にも大いに役立つ点が多いのです。僕自身、特に椅子づくりに関してはグリーンウッドワークを知る前と後では考え方と手法に大きな変化がありました。
グリーンウッドワークのワークショップで、生木を体を使って加工していく過程はまあまあの重労働ではありますが、生木特有の新鮮な香りを感じながらのせいもあってか爽快感を感じられるものです。森とのつながりも感じられる体験でもあるので、京北で行うにはぴったりだと思います。

既にアウトドアファンの間では多くの人に知られるグリーンウッドワークですが、もっと日本の隅々まで広がって、森と人との距離が近くなればいいなと思います。

栗の本棚

京北の知人より、
「子どもたちの教科書などをキチンとしまえるような本棚を作って欲しい」
とのご依頼をいただいたのは春の事。。
十分な準備期間、製作時間を頂き先日納品させていただきました。

ご兄妹それぞれのために、同じ形状で2台製作。
まだ小さな末のお子さんの手が届かない高さに引き出しを付けました。
一見子供家具には見えない見た目ですが、
大人になっても使える飽きの来ないデザインで、
使い込むことで今はさっぱりした栗材の色目が深みを増していきます。
ご両親の思いのこもったこの栗の本棚を、
使い続けて行ってほしいなと思います。

サクラのドロップリーフテーブル

夏本番です。
ステイホームでこの暑さはキツイ、と、スイカ割りで涼を取る午後。
衰えない食欲で楽しみを拾い集める毎日です。

折り畳み式でサイズ拡張ができるドロップリーフテーブルを制作させていただきました。

L1200→1500㎜、W800㎜、H700㎜。サクラ材。
普段折りたたまれている拡張部は引き出し状のアームによって支持されます。
拡張部の反り止めはハシバメを採用するなど、可動のことと、無垢板の伸縮の両方に気を配っています。

納品先のお宅に設置されたテーブル。
限られたスペースで、来客時にも対応できる解決例をいただけました。

栗の丸テーブル

 クリの丸テーブルを製作し、お届けしました。

 直径900㎜、高さ700㎜。丸脚の先端までの細り方、天板の縁の丸みなど、優しい雰囲気を出しつつも輪郭を残し、甘くなりすぎないよう心がけています。相変わらず美しいクリの天板。

 ご依頼主は開業間もなくより繰り返し家具をオーダーいただいている方で、今回の丸テーブルも部屋に置いた瞬間より馴染んだ様子を喜んでいただけました。住まい方と当方の家具との相性の良さを感じていただいているようで、そういった使い手の方と出会えることは嬉しいことです。

Re栗の大テーブル

 田植え後一か月経過した我が家の田んぼ。

 4年目にしてようやく効果的な除草ができるようになり、今のところ順調です。
 水面を浮草が覆いつくしていますが、浮草は有害な雑草の除草効果のある、無農薬栽培の味方だそうです。肥料、農薬が手に入りにくかった時代、自然も味方に付けてきたのが古き良き農業のやり方なのだなと思います。
 周りにいるコメづくりの先輩たちからは沢山の情報が伝わってきますが、田んぼの状態は千差万別で、他で通用してもそれが全てではないのを感じます。特に農薬などに頼らない場合はそれが顕著で、一つの田んぼに向き合って最良の選択を見つけていく作業はもはや喜びですらあります。まだまだトライ&エラーの連続ですが‥。

 さて、数年前に製作させていただいたのと同じ依頼主より、同じ大きさの栗の大テーブルをオーダーいただきました。

 L2300×W 1100×H750。
 天板を真ん中で分割し、スリットを設けています。今回も幅300ほどの材4枚で構成する贅沢な木取りです。

 天板と脚は、面取りの分、2ミリほどの段差。100㎜角の脚もそのボリューム感だけで存在感があります。角ばった形状のテーブルですが、ダイナミックな栗の木目が生命力を感じさせます。都会のオフィスでお使いいただくので、そこに集う人たちにも力を与えられえる存在になってくれればと願います。

サクラの勉強机

 米作りも4年目。どことなく静かだった5月は今までで一番じっくりと田植えの準備に取り組めて、順調です。豊作はもちろん期待したいところですが、まずは楽しく。

 ある京北にお住いの方より、中学生になる娘さんのために、ずっと使っていけるような机と椅子を作って欲しいとのご依頼をいただいたのは今年1月でした。
 自然素材にこだわって建てられたご自宅に合わせて、接着剤や塗料などはできるだけ自然なものがご希望とのことで、京北産の木材で作ってもらえたら、とのご希望でした。待ってましたとばかりに数年前に製材した京北のサクラ材をご提案し、製作のときを楽しみに待ちました。材のシーズニングを経て製作、途中細かいご要望を取り入れながら完成したものがこちらです。

 机 幅1000×奥行き600×高さ700 サクラ材。
 椅子 サクラ材、ペーパーコード。
 荏油仕上げ。
 右の引き出しには秘密の引き出しに、とデッドストックの鍵を付けました。鍵穴は真鍮を削り出した自作。こういう風合いのある金物は現行ではなかなかないので、古くて状態の良いものを探すことになります。今回はスペアキーまで付いた良いものが見つかりました。

 本体側面にはカバンなどを掛けるためのフックも付けました。将来部屋のレイアウトが変わった時のためにフックは左右付け替えができます。

 引き出しの引手はツマミ状ではなく、画像のような形に、とは娘さんのご希望で。「ドラえもんが出てきそうな感じに」とのこと(笑)。どことなく愛嬌のある雰囲気です。
 一つ一つのささやかな希望を形にしていく、楽しい時間でした。ご近所の方からのご依頼はいつも嬉しいもので、地元の材も活用することができ、この場所で仕事に向き合い培ってきたことを生かすことができた、自分にとっても記念となる仕事となりました。