「かわいい」かたち

スピンドルチェアーを製作中。

画像

毎回座面の形が変わっています。
座り心地変化の出る部分には手を加えず、
いかに「かわいい」かたちに仕上げられるか。
小さいものや子供がかわいいとかのそれとは違う、
かたちを褒めるときのこの「かわいい」という表現。
根源的な魅力をもったものに感嘆して投げかけられる言葉だと思います。
この「かわいい」を言ってもらえるものをいくつ世に送り出せるか。
つくり続けられるか。
つまるところそれが仕事の価値のような気がします。
そういうところを目標にしていきたい。
大仰ですが。

カンナちゃん

雨ばかりが続いて、
もしかしたらこの冬はこのまま雪も降らずに終わるんじゃないか・・、
なんて思ったほどでしたが、
ようやくみられたこの景色にほっとさせられました。
でも寒さも一気に強まり、作業中はキツい冬本番です。

画像

さて、
今年最初の大仕事として、
ダイニングセット、壁面カウンター収納一式などの大口のご注文を頂いています。
その製作に入る前に・・。
小ガンナ作り。

画像

電気ガンナの刃を切断して、
自作の台にすえて作ります。
以前から使っていたものの台が磨り減ってきたので、
少し前から作りたかったんですが、
この機会に4個ほど作りました。
自作の道具といえども、
面取りとか、曲面の仕上げとか、
これがものすごく重宝するんです。
電気ガンナの刃が2枚セットで2400円。
その2枚から小ガンナ10個分が取れるから、
小ガンナ一個当たり240円。
めちゃめちゃ重宝して材料費一個240円とは、
益々かわいく思えてくるかわいいカンナちゃん。

画像

切れ味もご覧の通り。
懸案を一つクリアして、大仕事に望みます。

2013年の瀬

気が付けば、早や年の瀬。
片付けたかった仕事が残り、
きりの悪い仕事納めですが、
正月ぐらい、ゆっくりすることにします。

画像

今年は、4月に新しい作業場兼住居に居を移し、
更に住まいに手を加える作業を、仕事と平行して行っていました。
業者さんには入ってもらいましたが、
自分でやる部分との兼ね合いもあり、
常に仕事と、家作りとに追われていた気がします。

画像

工房を設立して5年目。
ロッキングチェアーや箪笥など、
じっくりと素材と向き合いながらやれる仕事も与えていただき、
何点かの紹介できる作例を残すことができました。
願わくばこのような仕事に、より多く関りたいと思うのですが、
家作りや、町内の行事など、仕事以外のことで時間をさかなければいけないことも多い日常、
「一生懸命取り組めば、その全てが君の作品になる」というある方のアドバイスに、
心を落ち着け、やっています。
一歩一歩、です。
去る22日には三女が誕生。

画像

はかなげだが、抱けば確かに感じる命の実在。
子供達3人の関係性は、
僕らを楽しませてくれるでしょう。
今年一年出会えた方々、
支えていただいた人々に感謝を込めて、
今年のブログを終えたいと思います。
皆様、本年はありがとうございました。
よいお年を。

画像

晩秋

霜月も半ばとなり、
今朝京北でも今年初霜が。
庭の栗の木の葉は黄色に色づきました。
栗の葉は紅葉しないので、
今の黄色がきれいな頃。
派手さはないが、爽やかで気持ちいいものです。

画像

いち早く散った肉厚の柿の葉をヤギ達がおいしそうに頬張っています。
今年の秋の味覚も終章間際。

画像

ローテーブルができあがりました。

画像
画像
画像

センとウォールナットのミックス。
お客様とのデザインの擦り合わせにより、
ディテールにこだわりの効いた、締まった仕上がりです。
ひそかに引き出しも。

画像

今回のセンは良材で、
カンナがけなどの仕上げが非常に楽でした。
仕上げに手間をかけ過ぎることは、
ある意味材料を無駄にこねくり回して、
せっかく立っていた面がだれて全体のイメージがぼやけてしまうものでもある。
やたらと硬かったり、節の多い材では、
仕上げに手間がかかってこういうことになりがちです。
良い材料で、手間を見切った仕事をし、
気持ちの良い仕上がりを求める。
いつでもこうありたいものです。

画像

脚の曲げ木

庭のトマトが日替わりで色づき、
毎日色づいたトマトをつむいでは朝、昼、夜といただく。
トマト食家の我が家には至福の日々です。

画像

ロッキングチェアーの脚の曲げ木用冶具を製作し、
曲げ木加工に入りました。
季節外れの焼き芋みたいにホイルで巻かれているのが部材。

画像

一日置いて冶具から外すと・・。

画像

きれいに曲がっています。
曲げ加工時に湿度を与えているので、
この後乾燥につれて曲げ具合が戻ることが往々にしてあります。
冶具を作るときは、そのことを見越して曲線をきつめの型にしておくのですが、
それでも微妙な条件の差で曲線は若干変わってきます。
そういった誤差をデザインに組み込むことも必要になってきます。
アメリカンウインザーチェアーの図面集を見ていると、
そういった工夫の数々が見て取れるのです。
曲げることによって得られる強度、
また時には上記に書いたような曲げ戻りの特性をも逆手にとってデザインに組み込んでしまうようなウインザーのデザインには興味が尽きません。
今回のチェアーでは、
後ろ脚、前脚、背板に曲げ木加工を施し、
乾燥のために他の作業に移ります。

実りの予感

朝庭の木の枝打ちをしていると、
梅が大きく膨らんでいるのに気づき、すかさず収穫。

画像

ヤギ達に幹の皮をかじられ、
見るからに痛々しい格好の樹になってしまっていましたが、
土壇場の結果を見せています。
他の木々を見てみても、
くるみ

画像

かりん

画像

ぐみ

画像

が育っています。
昨年は実を付けなかった木に今年はなっているものもあるのは、
庭が片付いてきて風通しが良くなってきたからでしょうか。
いや、気候や木々の気まぐれのせいかもしれません。
ともかく、今年も恵みの秋はやってきてくれそうな予感です。
さて、杉のテーブルに合わせるベンチの製作にかかっています。

画像

テーブルの構造そのままに、堅牢なナラ材で製作。
杉では脆くてやれなかった「送り蟻」の仕口で組み立てます。
蟻溝に蝋を塗って押し込み、はまり具合を調整。
修行時代に蟻溝がきつ過ぎて叩き込むときに部材を割ってしまったこともあったっけ。
慣れが必要な作業ではありますが、
今となっては硬い広葉樹にビスを利かそうとするより、
こっちの方がよっぽど手馴れたやり方になってきました。
この後幕板をつくり、一気に組み立てです!

杉のテーブル完成

仕事の合間にこつこつおかたづけ。

画像

一昨年前に一挙剪定した枝類をようやく始末し終えました。
畑用に近所の造成で出た山土を大量にもらいました。

画像

これとヤギの糞、作業で出たオガクズを混ぜて、かなりよい農環境になるはず。
畝をたてて夏の収穫に間に合うか?
こういった作業、ヤギの世話を始業の9時まで、
昼休み中にこなし、一日のペースが出来上がってきました。
仕事場と住処が融合したことで、
流動的な作業体系になり、
僕としては非常にやりやすさを感じています。
さて、杉のテーブルが、
お客様とのサイズ感などの確認を経て完成しました。

画像
画像

いい杢が出たきれいな杉材です。
木表に節、白太がありましたが、
木裏の「めくれ」を避けるため、あえてこの木取りにしました。
もろい白太部分は手の届きにくい天板中央部に配置しました。
こういった一つ一つの選択は、お客様宅での数年後のテーブルの状態に関ってくることだと思います。
柔らかい杉材だけに、いつも以上に材と向き合い、
特性を見極めるのに時間を要しました。

画像

針葉樹には装飾を排した簡潔なデザインが似合います。

皐月

5月です。

画像

久々の青空を見上げると、カリンの木に花が咲いていました。

画像

ぐみの木には白い花弁が垂れ下がっています。
若葉が茂り、花が咲く、良い季節です。

Where have all the winters gone?

画像

冬はどこへ行ってしまったのでしょうか?
2月に入ったというのに、暖かい陽気が続いています。
寒くないので節分の気分は出ませんが、恵方巻きを作り、豆まきをしました。

画像

数えの歳の数を家族全員分。子供の頃は物足りなかった豆の数が、最近は後半にはお腹一杯に…!淋しい行事になりつつあります。(ツ)

a happy new year

新年明けましておめでとうございます。
年末年始と帰省した金沢でも雪は例年ほど積もらず、
ここ京北でも今のところ過ごしやすい天気が続いています。
今年の初詣は近所の神社に行きました。
わが町の氏神様は上桂川沿いの杉木立の中。

画像

その昔は京都と、「山国庄」と呼ばれたこの辺り一帯を結ぶ峠道が通っていたという話ですが、
今はひっそりと木立の中に佇んでいます。
鳥居にかかるしめ縄は、
年末に町内総出で作りました。

画像
画像

今年の目標は・・、と考えると、
あれやこれやとやらなくてはいけない諸事のみが浮かびますが、
思い描く理想の活動形態に結実していけるように、
一歩ずつ歩んでいきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。