プレゼント

ご友人への結婚祝いのプレゼントとして、
パン皿のご注文をいただきました。

画像
画像

直径20センチのクルミ、カバの皿の裏には、
「Happy Wedding!」のメッセージ。
定番として扱っている「FirstBoul」もそうですが、
気持ちを込めたプレゼントとして当方のアイテムを利用していただけるのは、
幸せを分けてもらえるような、なんとも嬉しい気分になります。
心ばかりのラッピングでお届けしました。

画像

そして、以前から「FirstBowl」をお使いいただいているお客様から修理のご依頼&追加のご注文。
送られてきたボウル2つはかなり使い込まれ、欠けてもいました。
気に入って使ってもらってたんだな、と、これまた嬉しい。
これからもどんどん使ってもらえるよう、ペーパーで汚れを落とし、
賭けは小刀で滑らかにして蜜蝋で再塗装。
桜材の経年変化の赤みはそのままに、復活です。

画像

「みんな、お客さんとこでよく働いて来いよ〜。」
パン皿 20センチ 4500円+税
FirstBowl(器とスプーンのセット) 5200円+税

trio

久々に小物のアップ。
今までたくさんのファーストボウルに銘入れをしてきましたが、
我が子の為に入れるのは初めてで、少し手が震えました。
3人の娘たちにお父さんからのプレゼントでした。(ツ)

画像

夏、近況

連日、雨も降らず暑いです。
でも市街地と比べると京北はましかな?我が家は木陰と、アスファルトではない土の地面に助けられています。

画像

こちらはグリーンカーテン用に買ってきた朝顔。
団十郎という渋い名前にふさわしく、渋い色の花が咲きました。
さて、最近の工房長の新作はティッシュケースです。

画像

詰め替えて使うのにジャストサイズ。無垢のテーブルにしっくりきています。紙箱や、他のケースだと浮いてしまって困っていたのですが、これは重宝しています。この前の1DAYショップでも販売しました。まだ在庫はありますので、ご希望の方はどうぞ。
ヤギも暑さの割には元気です。暑いのは元々苦手なので、日中の動きは緩慢ですが、食欲は旺盛。

画像

この通り、画像がブレてしまいました。3匹そろってムシャムシャ食べています。
この暑さも今がピークと思いたいですが、どうなんでしょうか??
ヤギに負けず、人間もたくさん食べて、暑さを乗り切ろうと思います。
(ツ)

夏です

しばらく更新がなく、ご心配かけしました。
ネタがなかったのと、カメラの調子が悪く画像の取り込みができなかったのです。
相変わらずの日々を送っています。
今日からまた、ゆるゆると再開します。
工房長の最新作。

画像

自家用のお椀です。既製品を使っていたのが一つひびが入って、汁が漏れてきたので
試しに作ってくれました。

画像

きれいですが、少し持ちにくい?改良が必要なようです。
庭では育てているトマトが鈴なりに。

画像

これが全部真っ赤になったら…と楽しみにしていいたのに!
同じく庭につないでいたヤギの紐が外れ、大惨事に。。

画像

こんな無残な姿になっていました(泣)
それでも他の株から初収穫。

画像

毎日これくらいですが、自家製トマトを楽しんでいます。
(ツ)

スプーン教室とシロツメクサ

昨日はスプーン教室でした。
皆さんそれぞれのペースで楽しんでおられます。
昨日はカレースプーンを仕上げた方がお二人。
その完成品をご紹介します。

画像

薄く、平たくすることを目標に、とても美しく仕上がりました。
もう一人の方は彫るスピードが速く、私の気づかない間に仕上げにとりかかっていました。かわいらしく丸みを残した、それでいて均一に整ったかたちに仕上がりました。

画像

皆さん作るたびに、腕が上がっていってます。
現在、月に2,3回開催日を設けています。もし加わりたい方はお問い合わせ下さい。
そして午後の教室の終了時間は5時なのですが、5時を過ぎても子供達が帰ってこない?ので
皆さんを送りがてら表に出ると、近くの土手でシロツメクサを摘んで編んでいる様子。そこまではよくある光景なのですが、その花輪の長さが尋常ではない。子供が立ったまますっぽりくぐり抜けられるくらいの長さです。

画像

子供が4,5人いたら電車ごっこで遊べそうでしたが、近所の子たちはとっくにそれぞれのお家に帰っていった後でした。
「どこかに飾って飾って!」というので、部屋中を見渡し、、、
どこにも飾る場所が見当たらず、やむなくトイレの入り口(!)にかけました。

画像

昨日一日だけは花輪をくぐってトイレに入るというおかしな事になってしまいましたが、スプーンに負けず劣らず、子供の作品にもびっくりさせられました。

各種仕事

新しい空間での暮らしが始まってしばらくがたちました。

画像

住み易いように、気づいたところの手を加えながら。
朝晩冷えますが、家族で身を寄せ合ってしのぎます。
3月は室内の改装に時間を頂いたので、
4月からは作品製作をガンガンと。
まず弁当箱を作りました。

画像

曲げ木ではなく、旋盤で製作。
直径160ミリ、高さ50、60ミリの2重構造。
大容量、男性仕様の特注弁当箱です。
箱の内側などの直角の入り角は、
食べ物が詰まって洗い残しになりやすいので、
全てRで仕上げてあります。
こちらは20ミリ厚のナラ材を大胆に曲げ木。

画像

ご注文頂いたチャイルドチェアーの笠木になります。
曲げの失敗もあるべし、といつものように多めに木取ったところ、
なんと今回は成功率100パーセント。
失敗を繰り返して、ようやく技術が安定してきた模様。
こうなってくると、また新たな造形にチャレンジできそうと、
イメージが膨らみます。
曲げ終わった材はしばらく乾燥させます。
その間にテーブルを一台製作する段取り。
1600×800のナラのテーブルです。

画像

テーブルの製作は、
大きなの面をカンナで削ったりして、
木をダイナミックに感じながら仕事できるところが好きです。
椅子作りはパーツが3Dに組み立てられるワクワク感が。
小物には小物作りの、それぞれの面白さがあります。
一つのものづくりに集中して取り組むか、
「何でも屋」で行くかは、作り手の性質によるのでしょうが、
色んなタイプの仕事がある方が、
むしろ段取りが組み易いような気もします。
木が与えてくれるものづくりの面白さを欲張りにかき集めていきたいです。

挽き物仕事

年明けから取り組んでいた大量の挽き物仕事。
ようやくひと段落しました。

画像
画像
画像

形が揃うように注意しながら。
少しの手加減で微妙な曲線が変わってしまいます。
単調なようで、神経を使う仕事です。
そして次は友人に頼まれていた椅子の試作にかかります。
ペーパーコードのダイニングチェアーをリメイク。
いい椅子作るぞ!

画像

Baby rush

少子化が叫ばれて久しい世の中ですが、
私の周りでは去年、今年と出産ラッシュのようです。
お祝いのベビーボウルやスプーンを続々と発送中。

画像

赤ちゃんの口に入るスプーンは、お母さんは食べさせやすく、
赤ちゃんは食べやすく、工房長の気遣いと工夫が込められています。
私の仕事は、親の気持ちが込められた産まれたばかりの名前を入れて、
オイルを塗って仕上げること。
緊張するけど、嬉しい仕事です。

画像

今年もこの仕事がたくさんできますように。(ツ)
注文は随時、受け付けております。
ベビーボウル 3400円
ベビースプーン 1800円
名入れは代金に含まれます。
贈答用に化粧箱もございます。(300円)
地方発送も承っております。

キッチン周りあれこれ

中之島での展示から帰ってきた製作物をご紹介します。
キッチンスツール

画像
画像
画像

3本脚は地面に接しやすいので、
昔から外などで作業用スツールに使われていました。
ハイジのオンジもヤギの乳絞りの時は3本脚スツールだったような・・。
ただし、座面が高くなると安定感がなくなるので、
あくまで作業用として、またはチョコッと腰掛ける用のスツールとして、
例えばキッチンで加熱の合間に腰掛けるための、
場所をとらないスツール、などとして提案していきたいです。
大きめの器も数点製作しました。

画像

こちらはカエデで、高さ20センチほどある深めのボウルです。
死に節のあった部分を削り取って、動きのある口元になりました。
トチ、サクラ、ナラでも製作。

画像

これらの材はほとんど京北近郊から出たもの。
周りに木の沢山ある環境で作業できているので、
こういう恩恵は生かしていけるようにしたいものです。
さらに、サラダ用のサーバーセット、フォークも。

画像
画像
画像

自分が作ったカトラリーを使って感じることは、
口に入れたときに、木の厚みが心地よく感じられることです。
あまり薄くしすぎると脆くなるために厚みを残している面はありますが、
この厚みから得られる感触は逆に他の素材では感じにくい感覚だと思います。
木ならではのボリューム感は残しながら、
かわいらしくなりすぎないデザインを心がけたいです。
さて、結構作ったし、
いつものように数点は実際に使ってみて使用感を確かめることにします。

栗、落下中

このところ栗拾いが日課です。

画像

うちの敷地に生える立派な栗の木達から、
昼間もぼとぼととイガが落ちてきて、
トング片手に足でイガを割ってみると・・。

画像
画像

ぷっくり見事な栗が入っているではありませんか!
嬉しくなってそこら中に散らばっているイガを片っ端から割っていくと、
一日で帽子いっぱいの栗がとれます。

画像

これはありがたい秋の恵み。
栗ご飯と渋皮煮で美味しく食しました。
そんな栗拾いのためではありませんが、
木でトングを作りました。

画像
画像

焼き肉屋さんからのオーダー。
スライスされたキモもスッとつかめるように、
先端まで薄く、しなりやすい形状。

画像

お店でハードに使用されることになるでしょうけど、
油にまみれて、渋い風合いが出るほど使い込んでいただきたいです。