二月が終わる

今日で二月も終わります。
工房長は美しい箱をつくっていました。
箸箱です。

画像

写真で伝わるでしょうか。蓋の材の木目が眩しい程の光沢を放っています。

画像

ツマはこの冬、寒い朝、外にある小鳥の水飲み場のくぼみに氷が張るのを
楽しみにしていました。そしてできた氷皿に花を盛り付けたり、閉じ込めたりして喜んでいました。

画像
画像

悲しいこともあった今月の密やかな慰みでもありました。
もう暖かくなってできないのが少し残念ではあるけれど。

画像

気持ちを切り替え、春に向かいます。

春の兆し

ここのところ温かい日和が続いていますね。
なにやら回りでも虫たちがブンブン飛び始めました。
もう春が来たのか?と、散策してみると、
ほころび始めていました。白梅。
なんだか年々温かくなるのが早くなっているようで、
これも温暖化の一端なのでしょうか?
そもそも温暖化って人為的なものなの?
それとも単に地球のサイクルの一部にすぎないのか?
ともあれ、三寒四温と言いますし、
皆さん気候の変化に体調崩されないようお過ごしくださいね。

画像

「魔女」のように

あるお客様との会話。
修行中に僕がやってきた仕事を見られて、
「「西の魔女が死んだ」の世界ですね。」
手にとって読んでみました。
本の中の「魔女」は、時代遅れと言われながらも、
ゆったりと、自然と調和した生活を送っていました。
そのお客様には、「魔女」の生活に描かれた世界観が、
僕の仕事にリンクして思われたのでしょうか。
仕事を通して、自分の持つ世界観を表現していけるようになるのは、
まだまだこれからですが、
自分らしく生き、自分らしい家具を創っていきたいです。

画像

日々

画像
画像

慌ただしく過ぎていくけれど
その日、その時でなければ味わえないものを
見過ごさずに
日々を送りたい。

外は雪

今日は雪がちらつき、冬らしい一日。
だけどウッディ京北でほんのり春色のかわいいものを見つけてしまい、
ちょっと躊躇しつつも家につれて帰ることにしました。
私(妻です)の2月の誕生日に、今は亡きおばあちゃんが
ピンクのチューリップを買ってきてくれたことがあって
真冬にそのピンクが新鮮で
いつもはピンクは嫌いだけど、それ以来
ピンクのチューリップだけは特別大好きなのです。
でも冬生まれ、雪国育ちの私としては
今年の京北は物足りなく、まだまだ春なんて来なくていいのです。
ウッディでちょっと躊躇したのはそのせいでして、
と書いていると、雪がじゃんじゃん降ってきました!
うれしい!

画像

2010年スタート

新年、明けましておめでとうございます。
平成22年、西暦2010年、
なんだか年号だけ見てると、
子供のころテレビで見たSFものの映画を思い出します。
正月早々高熱を発し、
3が日丸々寝込んでしまいました・・・。
いつにない高熱と、長引き加減で、きっと新型ですね・・。
仕事始めはスロースタートで参ります。
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

画像

’09の終わりに

早いもので、今年も残すところあと数日。
ことしは、引越しと工房の開設と、
大きな変化が重なった年となりました。
来年からは、家具製作に本腰を入れて取り組み、
皆さんに多くの家具をご紹介できたら、と思っています。
世の中の流れはめまぐるしく、経済は不安定な状態が続いていますが、
変わらない「よいもの」をつくっていきたいです。
それでは皆さん、よいお年を。

画像