作品展を前に

作品展の搬入も大方終わり、
気分転換も兼ねて、
越畑の篠原夫妻のオープンアトリエに行ってきました。

画像

傾斜地に立つ、
滋賀の古民家を移築した住居兼アトリエ。
ロケーション、建物の風格、ともに最上級。
ご主人にも住居建築時の苦労話などを聞かせてもらい、
胸一杯、堪能しました。
天気もよく、疲れた体はとろけそうです・・。
近くには棚田もあり、
田植え期目前の風情を味わいました。
夜はそれぞれの田に月が写ったりして、
きれいなんだろうな・・。

画像

その後、
市内の椅子張り屋さん、村上椅子さんに、
作品展用の椅子一脚分の張りを無理を言ってお願いした後は、
帰宅、最後の追い込み作業にかかります。
で、結局現在夜中の2時。
小物のオイル塗装が終わりました。
一年前に発案した作品展でも、
結局準備は押してきて、
会期直前はバタバタになってしまいました。

画像

あれもつくりたかったな・・と思うアイテムもありますが、
全てを一度に用意するのはどのみち無理なことでしょう。
そういう意味でも、
作品展は回を重ねるごとに育ち、熟成させていくものなのだろうと思いました。
とにかく、今皆さんに見ていただきたいものを今回用意しました。
是非皆さんに触れ、手にとっていただき、
無垢材の質感、私たちのものづくりに対する想いを感じていただければと思います。
今日からの会期、
会場で皆さんのお越しをお待ちしております。

良き日

昨日は私達に新しい兄弟ができた日でした。

画像

どんな時も決して手を離さず、目をそらさず、
二人の人生を生きて下さい。おめでとう。