5月

画像

5月に入り、やっと京北も春らしくなってきました。
GWとはいえ家具屋は稼動中。
工房長は今日は岐阜に納品に行きました。
いない間に家具屋のもうひとつのライフワーク(?)でもある
ライブのお知らせさせて下さい{%音符webry%}
今回はツマだけ出演のイベント、世界旅です。

画像

京北に来てから知り合った沖縄民謡の唄三線奏者 にいじゅんさんと
カナダ人で京都弁ばりばりのパーカッショニスト キースくんと私で沖縄民謡、演ります。
他にも濃そうな民族音楽の方々が出演するイベントです。
是非、来てみて聴いてください。5/30(日)栗東文化会館さきら小ホールです。
さて、本業は家具屋なので、新作家具の紹介も

画像
画像

子供用の椅子とベンチ3点セットです。それぞれバラバラに使ってよし、そして並べると木目がきれいに揃います。
これは5/13からのグループ展にも出展予定です。グループ展ブログも是非ご参照ください。
http://kokyu-suru.jugem.jp/

Mandara House

今日は家具を納品させてもらった美山のゲストハウス、
「Mandara House」さんのプレオープンのパーティーに行ってきました。
今日は弾き語りミュージシャン、豊田勇造さんのミニライブがあり、
会場に到着すると、納品した椅子たちがステージ方向にずらりと並べられ、
脇によけて置かれたテーブルたちにも皿などが乗せられており、
買い付けてきた板材の状態からこの家具達の成り立ちを知っている僕としては、
作り手の手を離れて、これから人の生活を支えていく、「家具」としての一歩を踏み出したんだな、
という、我が子の巣立ちを見届けるような感慨にとらわれたのでした。

画像

豊田さんのライブもよくて、
彼のかつて旅したタイと、美山の情景を重ね合わせて弾き語るスタイルに、
これまた感慨深くひたっておりました。
タイには行ったことないけど、いつかは訪れてみたいものです。

画像

ライブの後に振舞われたお料理も、
地元で取れた山菜や、鹿肉を使ったものでとっても美味しかったです。

画像

「この家具たちも、この家の曼荼羅の一部になるのです。」
と納品時にお施主さんに言ってもらいました。
今日のパーティーに行かせてもらって、
家づくりには、お施主さんの思い、ご家族の思い、
家を建てた大工さんの思い、設計士さんの思い、
その他の方々との出会いにまつわるストーリーが込められ、
建物として、具現化してくるんだな、と改めて思いました。
「家具作りに真摯な気持ちを持って、
 その思いをお客様の住まいの一部にして住んでいってほしい」
僕にとって、それが家具作りに対する支柱的なものになりそうだな、と感じました。

画像

美山の自然に囲まれて、ゆったりと時を過せる、「Mandara House」。
4月29日オープンです。
「Mandara House」
京都府南丹市美山町内久保狐塚13
℡0771-75-2551

ベッド納品

ゲストハウスの案件、
ベッドの納品に行ってきました。
ベッドの組立には、金具を使わず、
「落とし蟻組み」という仕口を用いました。

画像
画像

ベッド二台が組み立って、
スノコがはまった状態。
ピッタリと空間に収まっています。
後はマットが届くのを待つのみ。

画像

ベッド、テーブルなど、
点数が多いので、数回に分けての納品。
後は一番大きな、2000×900のテーブルの納品で、
長かったこの案件も完了です!

ちぎりの積み木2

ちぎりの積み木。
子供が何気なく積んだだけでも、このくびれのおかげで
なんとなくきれい。

画像

これは「脚」だそうです。

画像


歩かせてみる…

画像

まだまだいろんな積み方で楽しめるこんなちぎり積み木
明日、京北おむすびマーケット限定価格 12ピース¥1500で販売いたします!
是非、足をお運びください。
遠くて来れないよーという方、メールでご注文くだされば発送いたします。
もちろん積み木だけじゃなく、全ての製品でご注文承りますので
気になるものがございましたら一度メールでご相談くださいね。
yama-kagu@mopera.net
明日はマーケットの様子をアップします。
来られるかたは一緒に楽しみましょう!

チギリの積み木

18日の「森のおむすびマーケット」で出品予定の、
「チギリ積み木」。
仕上げ前の試し遊び。
木工で、板の割れ止めに、埋め込んで使う「チギリ」を、
同形でたくさん作ったものです。
こんな風に、おもしろいつみ方が出来ます。

画像

18日、京北森林公園に是非遊びに来てください。

オーバルキャリー完成

かねてから注文をいただきつつ、なかなか出来のいいものが仕上がらず
苦戦していたオーバルキャリーがやっと完成しました。

画像

オーバルボックスに持ち手がついたタイプです。
クルミで作った方は渋い風合い、カツラで作った方はフレッシュな
感じに仕上がりました。

画像
画像

しっかりした美しいものができ、お客様にも喜んでいただけ
何よりでした。
お客様は物づくりとギャラリーを営んでいらっしゃる素敵なご夫婦で
今日も納品に行ったのに素敵にもてなされて帰ってきました。
まさに私達が理想とする暮らしぶりで、いつかは私達もこうありたいと
思いながらいつもお話を伺っています。
そんなお二人に気に入ってもらえたので
喜びもひとしおなのです。
さて、明日からは週末のおむすびマーケットにむけて製作です。
夜はいつもの椅子張りです。がんばります!

椅子張りの日々

美山ゲストハウスの納期もせまる今日この頃。
夫婦それぞれが日中の仕事(夜行性の生き物二人の寝かしつけも含む)
を終えた後、一息つく間もなく
せっせと椅子の座面を編む日々です。
カナコ編み(2/1の記事参照)、、、
温和な工房長の性格を変えてしまうほどの作業です。
写真では伝わりませんが。

画像

この右側に写っているもしゃもしゃのひもを全部編みこんでいくのです。

画像

きっと全12脚、編みあがった後の達成感はひとしおだろう、
きっと並べたときにこの座面にして良かったと思えるときが来るだろう、
と信じて毎夜毎夜頑張っております

一息ついて…。

4月18日に京北で開催されるイベントに参加することになりました。
「森のおむすびマーケット」 at 京北森林公園
春の陽気のもと、野外で気持ちのいいイベントになりそう・・。
小物を出品予定なので、是非お越しください。
さて、製作の方も大詰めとなってきました。
ベットのフレームが完成。
搬入時を念頭に置いて、ばらせる構造にしました。
金具を使わず、木組みで挑戦しましたが、組んでみたら・・・
ガッチリ!!頑丈に組みあがりました。
あとはスノコを作るだけ。
製作にメドがついてきたので、
明日からはちょっと一息。
明日は長女の卒園式。
明後日からは、山口県は秋吉台の絶景を見に、
旅立ちます。

画像

Chairs

組立が終わったチェアー12人衆。
こうやって整然と並べると、何かのモニュメントに見えます。
修行中にも感じたことですが、
同じ形の部材が大量に並んでいるのを見ると、
思いがけず美しさを感じたりするもの。
「数」と「小ささ」は、人の心をくすぐる何かがあるのかもしれません。
この椅子は特に、
たくさん並んだときの後姿がきれいに見えるように、
曲がり、傾きのないまっすぐな後ろ脚を用いて作りました。
納品時、テーブルにセッティングされた椅子たちを見るのが楽しみです。

画像

胡桃の天板

仕上がったテーブルの天板。
板目の胡桃材が美しい模様を見せています。
僕はこの胡桃の、濃くもなく、薄くもない、
不明瞭な色合いがなんとも好きです。
そして肌当たりはなんとなく軟らかく、
テーブルの天板や、椅子の座面など、
人の手に触れやすい場所に持ってきたい材です。
このテーブルの胡桃材も、他の材と同様、
経年変化で年月とともに色合いを変えて行くことでしょう。
樹木から、テーブルへと姿を変え、新たな人生ならぬ樹生(?)の幕開け。
100年後まで、使っていただきたいものです。

画像